モバイル通信用にFOMAを導入してみた

モバイル通信というか、iPod touch用に、どこでも使えるwi-fi環境を整えたかったので、導入してみました。
買う前に比較検討、というか、実際に使用して比較した部分もあります。
何かのお役に立てれば幸いです。

前提

  • フレッツ光を利用しているので、端末自体は光ポータブル(SIMを挿すと使える、Portable wi-fi)をレンタルする。
  • SIMフリー端末なので、SIMさえあればFOMAでもe-mobileでもOK。

やってみた

b-mobile

まず手を出したのは、b-mobileのU300です。

これは、FOMA網を活用しながら、通信速度を300Kbpsに抑えることによって、安価なサービスを実現しています。
Amazonで買うと、安い。

とりあえず買ってみました。

なんと言っても安いです

FOMA網はドコモのケータイと同じエリアですから、圧倒的に広いエリアで使えます。
それなのに、6ヶ月版を買うとすると、2234円/月で使えることになります。
通信速度さえ気にならなければこれが最良…ですが!

iPod touchで利用する際の問題点

まず、Youtubeは全滅。(速度的な問題で)
自宅サーバーからmp3を引っ張ってこようとしても無理です。(速度的な意味で)
AppStoreから、アプリを更新しようとしても無理です。(速度的な意味で)

使えるのは、Twitterとか、軽いWebサーフィンくらいです。リッチコンテンツ(1MB以上あるようなコンテンツ)はまず無理だと思って間違いないです。マップの表示もワンテンポ遅い。
自宅が光回線なだけに、イライラが募る結果となりましたw

e-mobile

弟にSIM借りました。

速い。圧倒的な早さ。b-mobileから比べると天と地の差!すげええええ!
何も不自由なく使えました。

エリア内では。

e-mobileの弱点はエリアと、建物内への電波到達度(これは感じたことなので理論上は違うのかも知れませんが)。

まず、suzusukeが林間学校の引率で訪れた、長野県の車山周辺は圏外です。(山間部だから当然ですが)
あとは、高崎線を下っているときに、何カ所か圏外になる場所がありました。(エリアマップを見たら圏内だったけど)

光ポータブル用にSIMだけ貸してくれるので、4680円となるようです。b-mobileの倍ですが、払う価値あり。

速度測定結果はこんな感じです。PINGの値が良いんですよね。他のよりも。なのでレスポンスよくサクサク使えます。

さて、ここからが特にお伝えしたいことです。

イーモバイル回線を使うなら、e-mobileではなく、ソフトバンクのC02LCを買うべし!

それはなぜかと申しますと、C02LCは、イーモバイル回線をソフトバンクが提供しているものなのですが、
家電量販店などで投げ売りされています。私の家の近くではケーズデンキが該当しましたが、どうなるかというと、

  • 月3400円くらいで使い放題
  • 2年縛りなし

という、恐ろしいことになってます。なので、イーモバイルをSIMだけ使うなら、C02LCを買うのが一番安いです。

しかしながら、suzusukeとしては圏外が嫌なのでこれも見送りました。うう。

FOMAにした

一口でFOMAといっても、制限速度が無いFOMAのSIMは、docomoおよびmifiが提供しています。

mifiは1年縛りがありますが、3990円でコミコミというのがすごい。
ただし、FTPが使えなかったり、youtubeとかが制限されていたりと、制限きつめ。

docomoは今、他社への対抗として5000円を切る値段で1年間使えます。
2年目以降は6千円ちょっとになります。もちろん2年縛り。

値段だけ考えると、mifiなのですが、私はあえてdocomoと契約しました。

その理由は、

家電量販店などでは、docomoと契約するとだいたい何かつくからです

機種限定なのですが、L05-Aはそうなってました。(私はSIMだけ手に入ればどうでもいいのでw)

YAMADAでは好きなパソコン3万円引きでした。
ケーズでは好きなパソコン4万円引きでした。

これを上手く使って、パソコンだけ売りさばいてしまうと、12000円で売れたなら2年間500円割引、24000円で売れたなら、2年間1000円割引されていることと同じ意味になります。

要するに、mifiと同じくらいの金額で制限が無くすことが可能となります。

ケーズデンキで契約し、hp mini 210を購入。これが3万4800円でした。
そしたら、ケーズのお兄さんが言うんです。

パソコン以外でも差し引けますので、4万円をちょっと超すくらいに買い物してください、と。

よしよし。ということで、モバイル用のDVDマルチ(USB接続),4500円、
カーステで使いたかったオーディオ変換アダプタ400円、
A4のコピー用紙372円を追加。

これだけ買って、払った金額は、72円でした。

帰りがけにリサイクルショップに寄る。購入後1時間も経ってない未開封パソコンを売りに来たので、少し怪しまれましたがw、売れました。25000円。オークションの相場よりちょっと上でした。ラッキー。

ということは、こうなります。(2年計算)

mifi       → 3000+4000*24 = 99000円
docomo→ 3000+5000*12+6500*12 –25000 = 116000円

この1万7000円(月にすると708円)をどう見るか。それは皆さんの考え方だと思います。
(普通に使う際はmifiは機種は別に買う必要ありますし)
ちなみに、docomoは使わないと月1000円なので、2年目は使わず1年で考えてみます。

mifi         → 3000+4000*12 = 51000円
docomo  → 3000+5000*12+1000*12 – 25000=50000円

1年契約ではdocomoの方がむしろ安く上がる計算です。
今回は4万円分を使って2万5000円に化けた訳ですが、欲しいパソコンがある人はまるまる4万円差し引きますから、2年契約でもmifiより安くなります。

しかし、FOMAにも落とし穴がありました。
それは、混雑

夜測るとこうです。(これでもいい結果)

おせえええええ!
遅いときはU300以下!おいおいw

すいていると思われる朝はこんな感じ

というわけで、速度ならe-mobileが良いんじゃないですかね。
好調なときは4M超えてますし、安いです。

ただ、やはりエリア的な問題を考えるとFOMAです。

こんな感じで、私のモバイル通信回線検討記でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

『モバイル通信用にFOMAを導入してみた』へのコメント

  1. 名前:すずやだいすけ 投稿日:2010/10/16(土) 22:02:55 ID:589fc6ab0 返信

    blog更新:モバイル通信用にFOMAを導入してみた http://kidsnote.com/2010/10/17/foma-for-mobile/